たそがれ時の紫の夕闇が
私の心の草原を覆い尽くす

空の高みに小さな星たちが登り
いつも離れている私たちを思い出させる

あなたはあの道を行き遠く離れてしまった

私に消えることない歌を残して

絆は今、星屑は昨日のもの
過ぎ去りし年月の音楽



Stardust


2022年8月00日に父親が亡くなりました。

88歳。


来年の新年のご挨拶を失礼させていただきますことをお許しくださいませ。

父親が亡くなって、アルバムを整理してましたら
若き日の彼の写真が何枚もありました。

父親の若き日を息子の私はあまり知りません。

彼にも確実に若く輝かしき日々はあったのです。





       幼稚園年少3歳の私と29歳の父親(大阪市鴫野の幼稚園運動会にて)

       




       小学校2年生の私と31歳の父親 (大阪の遊園地で)

       





敬愛する亡き父にこの歌を捧げます。




Stardust


And now the purple dusk of twilight time
Steals across the meadows of my heart
High up in the sky the little stars climb
Always reminding me that we're apart

You wander down the lane and far away
Leaving me a song that will not die
Love is now the stardust of yesterday
The music of the years gone by

Sometimes I wonder why I spend
The lonely night dreaming of a song
The melody haunts my reverie
And I am once again with you
When our love was new
And each kiss an inspiration
But that was long ago
Now my consolation
Is in the stardust of a song


Beside a garden wall
When stars are bright
You are in my arms
The nightingale tells his fairy tale
A paradise where roses bloom
Though I dream in vain
In my heart it will remain
My stardust melody
The memory of love's refrain







動画
https://youtu.be/BrrtLvZ5LP8