神奈川ロケはなんと42作品にもなることが判明!



追記:2位は北海道ではなくなんと静岡県!!




     






先日朝、起きてベランダで飼っているめだかに餌を与えている時にふと思ったのだが・・・

2020年6月現在、
このシリーズの日本中のロケ地は一瞬の風景描写や車窓風景を除いてようやくほぼ95パーセントは判明した。

神奈川県ロケはここ15年ほどで、僕や寅福さんやちびとらさんや小手寅さんを中心に僕らの仲間の地道な奮闘努力の結果、
もうかなり発見が増えてこのシリーズでの登場が10作品や15作品どころじゃなくなってきたのだが、
実はもっと多いんじゃないだろうか・・・そう思った。

長い年月をかけてコツコツ僕らが昨日まで判明したところでは、
この映画シリーズでのロケ地で一番多いのは北海道ではなく
実は神奈川県でなんと神奈川ロケは22作品もある!

しかし今朝思い浮かんだある確実な神奈川のロケ地をドーンと入れると
なんと一気に17作品も増えて

神奈川ロケ地はなんと39作品になることがわかった。
39作品で神奈川ロケがあるなんて!ものすごい数になった。

あ、もちろん、当たり前だが、
神奈川県大船撮影所のセット撮影は、
セット撮影であってロケ撮影ではない。

神奈川ロケとは大船の撮影所内セットから出て、撮影所セットとは違う神奈川県のどこかの場所で
撮影することを言う。

ロケは、神奈川県がダントツ一番だが
北海道や長野県も多いが、意外なところでは
静岡県が神奈川の次に多いのだ。
千葉県、長崎県、大分、新潟などもそこそこ多い。



    

さて、では神奈川ロケが先日増えたのは何が原因かと言うと、
実はタコ社長が経営する朝日印刷(1作〜4作は共栄印刷)の屋内撮影は大船撮影所の
セット撮影ではないのだ。このことを今さらながら思い出したのだ!
第1作から第48作までずっと近所の印刷会社に山田組が出向いて屋内ロケをさせてもらっていた。
名前を三誠印刷株式会社と言う。
三誠印刷は当事の大船撮影所南門から徒歩1分。(現在の鎌倉女子大図書館のすぐ南徒歩1分)

 
   1977年航空写真
   




全48作品中、この三誠印刷工場内ロケは全部で33作品にもなる!
もちろん工場内ロケがあっても他のシーンで神奈川野外ロケがある場合
その作品での神奈川ロケカウントは1つだけとする。

1.5.6.7.8.9.10.12.13.14.18.19.21.
22.24.25.27.28.29.30.31.32.
33.34.35.36.38.40.41.44.45.46.48





その作品の中で三誠工場内ロケだけがあり、
他の神奈川野外ロケがない作品は20作品
1.9.10.14.18.21.24.25.27.28.31.
33.35.36.38.40.41.44.45.46


工場ロケもあり神奈川野外ロケもあるのは13作品
5.6.7.8.12.13.19.22.29.30.32.34.48


神奈川野外ロケ自体は22作品
3.4.5.6.7.8.12.13.19.20.22.23.29.
30.32.34.37.39.42.43.47.48




全48作品中、神奈川ロケは全部で42作品
1.3.4.5.6.7.8.9.10.12.13.14.18.
19.20.21.22.23.24.25.27.28.29.30.31.32.33.34.
35.36.37.38.39.40.41.42.43.44.45.
46.47.48







青文字が三誠印刷内会社の工場ロケ
赤文字が神奈川野外ロケ



それでは制作順に神奈川ロケを全て紹介して行こう。↓






■第1作 


三誠印刷会社内ロケ 寅が博にさくらは脈が無いから諦めるように言ってしまうシーン。


    









第3作 


OPでガマの油啖呵バイ  藤沢市の片瀬諏訪神社  藤沢市片瀬2丁目21-16

第一発見者 寅福さん 吉川  現地調査済み スーパー超難関ロケ地


    




歌のラストの海岸は稲村ガ崎近くの海岸。(海の向こうに見える島の形で検証済み)

ただし完全なピンポイント決定までは至っていない。百メートルほどの誤差可能性あり。

第1発見者 寅福さん スーパー超超難関ロケ地


    









■第4作


川崎大師での寅の啖呵バイ 川崎市川崎区大師町4
元からの周知ロケ地

    









■第5作


三誠印刷会社内ロケ
工場の中に入ってきて、青森の八戸から来た新入社員の少年にチャチャを入れる寅。




    




 
豆腐を乗せ、「包丁1本〜〜♪と唄いながら自転車で走って行く寅
 JR藤沢駅前藤沢市藤沢545 
(浦安と思わせるトリック)

 第一発見者寅福さん 現地調査済み (この現地発見には苦労し、何年もかけた)
 スーパー超超超難関ロケ地


    



    現地で私が自転車に乗って再現↓

    








■第6作 ・ 


三誠印刷会社内ロケ 独立騒動の時の寅と博の会話

    




寅が啖呵バイする横浜市の横浜成田山別院
横浜市西区宮崎町30 

第一発見者 吉川 現地調査済み 超難関ロケ地  








スケベ医者の自宅でもある山下医院 大船駅徒歩圏。
鎌倉市岡本2丁目10‐16
(柴又と思わせるトリック)

第一発見者 吉川  現地調査済み 超難関ロケ地












第7作 

寅がバイする藤沢市の龍口寺・神社境内。藤沢市片瀬3丁目13  現地調査済み

第一発見者 寅福さん、吉川、ちびとらさん  難関ロケ地  







三誠印刷会社内ロケ さくらを泣かせてしまったことを工場に来て報告する寅







三誠印刷会社内ロケ 花子をタコ社長の工場で働かせようとして社長に紹介する寅










■第8作 

OPの三浦半島、三浦市の三崎 雨の芝居小屋と宿までの道

第一発見者 吉川 寅福さん  ちびとらさん  現地調査済み
超難関ロケ地







旅から帰った寅が工場にやって来て、インクが顔について一騒動










■第9作

 三誠印刷会社内ロケ
 工場ロケ社長が従業員に月給を渡すシーン



※(歌子ちゃんの実家近くの坂道は東横線大倉山駅近くだと思われるが未確認。)











■第10作 

三誠印刷会社内ロケ
序盤、不機嫌になった寅が、工場の裏から回って工場内で博と口論している。













■第12作 

三誠印刷会社内ロケ

九州旅行に明日から行くことを報告する博に工員たちがお土産をねだる。







江ノ電の線路脇 失恋のりつ子が石段を下りる、稲村ケ崎
鎌倉市稲村ガ崎3丁目7-11

第一発見者 吉川  現地調査済み 超難関ロケ地










■第13作



OPの夢、花嫁さんと石段を上る寅、横須賀市の熊野神社
横須賀市長井6丁目16‐25

第一発見者 寅福さん 他  3人で現地調査済み 超難関ロケ地





本編後半で、さくらと歌子の父親が別れる東横線大倉山駅近く。
横浜市港北区大曽根1丁目2


第一発見者 吉川 寅福さん ちびとらさん 現地調査済み 難関ロケ地








三誠印刷会社内ロケ
寅の婚約の大発表があると工場内で吹聴するタコ社長











第14作

 三誠印刷会社内ロケ
 労働中に怪我をした博が病院から戻った夕方、ほっとした社長がたたずむ工場の中。









三誠印刷会社内ロケ
中盤、寅が九州から赤ん坊を連れて戻った時に、工場内でも大騒ぎ。








■第18作 

三誠印刷会社内ロケ
雅子先生が家庭訪問に来た日の夕方、工場で、労働が終わっていく。










■第19作
 

寅がバイする大船駅前 キャバレーホンコン横。
鎌倉市大船1丁目8-7
(水元公園そばと思わせてトリック)

第一発見者 吉川 ちびとらさん 調査済み 超難関ロケ地









三誠印刷会社内ロケ
殿様が鞠子さんと会って歓談している様子を見せようと
さくらが工場にやって来て博を誘う。












■第20作 

ワット君が電柱に上がって工事している大船。
鎌倉市岩瀬1丁目(柴又と思わせたトリック)

第一発見者 寅福さん 現地調査済み スーパー超超難関ロケ地







寅が啖呵バイする大船駅前(第19作啖呵バイのほぼ近く)
鎌倉市大船1丁目7−5
(東京のどこかと思わせるトリック)

第一発見 吉川の知人である鈴木さん 吉川  
現地調査済み スーパー超難関ロケ地









■第21作

三誠印刷会社内ロケ
自分の服に奈々子のサインをもらった源が、工場で見せびらかせている。











■第22作 


おいちゃんとおばちゃんが結婚式参列で神社に入っていく
藤沢市の龍口寺 神社前の道。

藤沢市片瀬3丁目13
(東京のどこかと思わせるトリック)  

第一発見者 吉川 寅福さん 他 現地調査済み スーパー超難関ロケ地







三誠印刷会社内ロケ
早苗さんがとらやに面接に来たあと、タコ社長が工場に走ってきて
博に美人が来た!色っぽいのなんって!と嬉嬉として報告。











■第23作 

OP夢から覚めて、寅が出入りする日下部医院の前。
伊勢原市の大山283 

第一発見者 松竹株式会社








小柳邦男が働く自動車修理工場が横浜市。
横浜市栄区上郷町60
(柴又と思わせるトリック)

第一発見者 吉川 下関の寅増さん 現地調査済み 超難関ロケ地









■第24作 


三誠印刷会社内ロケ
マイケルと寅が初めて出会って雰囲気的ににらみ合っている夕方、
寅のアメリカ嫌いについて社長と博が心配している。











■第25作 

三誠印刷会社内ロケ
沖縄から戻っていたリリーが、とらやに現れ、さくらが工場内の博を呼びに来る。











■第27作 

三誠印刷会社内ロケ
序盤、寅が旅から帰った日の夕方、
いつまでも家に帰って来ない社長の事を博たちが心配している。









■第28作 

三誠印刷会社内ロケ
愛子が、おばちゃんが作った草団子のおやつを工場内に持ってくる。










■第29作 

三誠印刷会社内ロケ
かがりからつけふみをもらった寅が「鎌倉どっち」と錯乱し、工場内に入って来る。









朝日印刷の裏から表の道に出る 大船 大船2丁目10
(柴又と思わせるトリック)

第一発見者 寅福さん 現地調査済み スーパー超難関ロケ地







北鎌倉駅の踏切、成就院、稲村ヶ崎公園前レストラン(現在のSun Dish)、
江ノ島の江ノ島亭など。

昔から周知のロケ 現地調査済み
















■第30作


OP、寅が夢から目覚めて、おばあちゃんと鈴をふりまくる大船の神社。
鎌倉市今泉 3-13-20 今泉白山神社
(田舎の神社と思わせるトリック)

第一発見者 寅福さん 現地調査済み スーパー超超超難関ロケ地









三誠印刷会社内ロケ
蛍子さんがとらやに来たあとで、美人が来た!
ちょっとセクシーで!と吹聴。
工員たちに咎められる。









■第31作 


三誠印刷会社内ロケ
京はるみがとらやに現れた時に、社長が興奮して工場内に知らせにくる。











■第32作 


OP,寅が夢から目覚めたのは相模線の列車内 踏切も映る。
相模市南区当麻地区踏切。

第一発見者寅福さん スーパー超難関ロケ地
(岡山の吉備線と思わせるトリック)







三誠印刷会社内ロケ
足元を見られた無理な仕事を引き受けて孤立するタコ社長に博が
なにげに寄り添ってやるなかなか良いシーン。











■第33作 

三誠印刷会社内ロケ
本編後半、工場内でゆかりちゃんが従業員に月給袋を手渡す。
博がオフセット室から出てくる。











■第34作



富永課長が家に戻った後、寅が去って行く土浦駅前の設定だが、
本当は横浜市内、東海道線の東戸塚駅前。
(土浦駅と思わせるトリック)

第一発見者寅福さん 現地調査済み スーパー超難関ロケ地







三誠印刷会社内ロケ
おいちゃんと寅が喧嘩してるのをさくらが工場に報告に来ている。











■第35作 

三誠印刷会社内ロケ
 
中学校帰りの満男が、下校してすぐに裏の工場内に来て博に話をする。









■第36作 

三誠印刷会社内ロケ
島崎真知子先生が現れた時に、社長が美人が来たと工場内に知らせに来る。










■第37作 


本編ラストの箱根の芦ノ湖湖畔での啖呵バイ。

周知のロケ地 現地調査済み











■第38作 

三誠印刷会社内ロケ

序盤、おいちゃんが入院中、
夕方の工場内にあけみが現れて、店の手伝いのことで博と話す。










■第39作

中盤、おふでさんと秀吉の再会 
おふでさんが療養する松井真珠店の別荘、
神奈川県三浦市南下浦町松輪 (大浦海水浴場の上)
 
(三重県志摩と思わせるトリック)

第一発見者吉川 現地調査あり。 スーパー超超超難関ロケ地
(ここも発見まで苦労しました)












■第40作

三誠印刷会社内ロケ
地上げ屋から逃れようとしているタコ社長が工場内に
今年の暮れのボーナスは・・」とみんなに言いにくる。












■第41作 

三誠印刷会社内ロケ
ウイーンから戻った兵馬がくるまやに来た時に、
満男が博を「お面被った人来た」と呼びにくる。











■第42作 

満男が泉ちゃんの家にバイクで行く途中、
早朝の海岸で休憩するのは江ノ島近く。

(完全に確定までにはいっていない)





泉ママから泉の現住所を聞いた後でバイクで出発する場所は大船。
鎌倉市大船1丁目23‐10 石田ビル横
(名古屋と思わせてトリック)

第一発見者 ちびとらさん 現地調査済み 超難関ロケ地















■第43作

寅が、赤電話でさくらに電話している場所は日田と思わせて
実は小田原の郊外南足柄市矢倉沢
(大分県日田と思わせてトリック)

第一発見者 寅福さん 現地調査済み スーパー超超超難関ロケ地
(ここも発見まで苦労しました)








寅と泉ママを乗せたブルーとレインが通過する夜の東海道本線の根府川駅。

周知のロケ地ですがこのシーンを思い出さない人は多いです。











■第44作 

三誠印刷会社内ロケ
満男がガールフレンドの泉を連れてとらやに現れた時に、
三平が博を呼びにくるが社長からアルバイトを頼まれる。











■第45作 

三誠印刷会社内ロケ

寅と満男が宮崎から帰った時に、三平が博を呼びに来る。











■第46作

三誠印刷会社内ロケ
工場内、就職が決まらない満男の話題の中で博は不機嫌











■第47作

宮典子さんの住む鎌倉市若宮大通
鎌倉市梶原3丁目27


第一発見者 吉川 小寅さん 寅福さん ちびとらさん 現地調査済み。
超難関ロケ地








寅と満男が別れる江ノ電の鎌倉高校前駅ホーム。

周知のロケ地 現地調査済み。











■第48作 

三誠印刷会社内ロケ
突然泉ちゃんが諏訪家に来ることになって
さくらが博に八百万(八百藤)から電話のシーンで工場内ロケ。








リリーが老人ホーム青陽園に向かうタクシーのシーンは東京ではなく藤沢市
藤沢市西俣野2067

(東村山市の老人ホーム青陽園と思わせるトリック)


第一発見者 横浜市戸塚の前畑さん、吉川 スーパー超超超難関ロケ地







ラスト付近、寅とリリーを乗せたタクシーの車窓風景は大船撮影所前の道路。

(柴又街道と思わせてトリック)超難関ロケ地
第一発見者吉川








以上神奈川県42作品!ロケ全貌でした。









【追記】



以前は北海道ロケが多いと言われていたが
ここ10年で神奈川ロケを次々に私たちが解明し、
静岡ロケもここ10年で全部解明したゆえに

第一位は神奈川ロケ
第二位は静岡ロケとなったのだった。


さて読者さんに宿題をだしておこう

静岡ロケは北海道ロケを上回り

静岡ロケ 10作品
北海道ロケ9作品

となったのだ。


まあ北海道ロケ9作品はファンの方ならすぐわかると思うが
静岡ロケ10作品はなかなか難しいかもしれない。


★みなさん静岡ロケ10作品をご自身で思い出してください。