2022年11月18日

号外!

あの桃源郷的恵那峡風景を遂に発見しました!


第44作寅次郎の告白 OP



私のサイトの全ページはお手軽に見られるスマートフォンには対応させていません。
スマートフォンで見られる方は文字や構図がガタガタになります。申し訳ありません。
私のサイトはノートPCやデスクトップ型のPCで腰をすえてじっくりご覧いただければ嬉しいです。























寅さん映画のロケ地で絵にしたい場所は
まだまだたくさんあるが
この恵那峡を小船で進んでゆくシーンも
水と岩がなんとも美しく、桃源郷のような趣ゆえに
何度も描きたいと思っていたのだが、
何十年も誰もこの岩場がどこのロケかピンポイントで探せていないゆえに
僕も絵にすることができなかった。
落合川駅からの木曽川をいくら下流に行っても見つからず、
最後はずっと下流の日本ラインまで
下って行っても 河口まで行っても
あのような岩場を探すことができないでいた。
本当に木曽川なのか??
その場所がどこかわからない場合は
イメージや臨場感がわかないから絵にしたくない。
で、今回、長年の寅友のちびとらさんが近々現地に行くと言うので
友人何人かでまじめに探してみた。
僕の百戦錬磨のロケ地ハンターの友人たちは、
そもそもここが落合川駅からの恵那狭のエリアなのか
どうかも怪しいと言っていました。
もっとずっと下流じゃないかとも。
木曽川じゃないかもしれないとも・・・

しかし、昨夜僕は見つけることができた。
この画像に岩場の物証をチェックしたあとがある。

これで晴れてこの桃源郷的岩場の風景を
絵にすることができそうだ^^ゝ





今まで見つからなかった理由の一つに木曽川の長さだ。↓膨大な距離がある。
そもそも木曽川ではないかもしれない。
映画では良いとこ撮りで、いろいろな川を継ぎはぎすることもごくまれにはある。








しかし、よく観察していくと、木曽川は長い川だが、
川幅がさほど広くなく、岩が目立って存在するのは
落合川の落合ダムから犬山城の真下のダム(犬山頭首工)あたりまでと推測される

そして


■映画のような四角い花崗岩で構成され、
■四角いブロック型になって、割れ目『方状節理』がある。
  この特徴は硬質な濃尾流紋岩群(もしくは恵那にもある花崗岩)
■川幅は広すぎず狭すぎず
■水位は浅すぎない(そこそこ深い) まあ・・ダムの放水などによって変わるけどね。

上記の要素を満たす場所は落合川駅上流から犬山市の街中までの長距離の中で
かなり少ないことがわかった。
映画でのあの『川幅』も重要な要素になる。

ただし、飛騨川上流などにもああいう四角い岩場はある。
また『寝覚めの床』で知られる長野県の方の木曽川上流も有り得るのだ。

映画ゆえに美しい映像のためには手段は択ばないのは覚悟しないといけない。


意外に木曽川にこのような四角いブロックの花崗岩は多くはない。
川幅もそんなに狭くはないがそんなに広くもない。






まずは、物語通り、恵那狭のエリアで岩場を探してみた。

落合ダムから大井ダムのやや下流までの間で数カ所の四角いブロック岩の連なる場所があった。

ひとつひとつ類似点を探していくと

いきなり灯台もと暗し。
大井ダムの下流2,5qの岩場群が怪しい!!



川幅も岩の趣も映画の雰囲気に似ているこの赤線がまず怪しい。




しかし、パット見た目ではどこも映画とは似ていない。



これ↓↓が180度真逆にする前の航空写真。これではなかなか類似していることに気づかないのだ。
なぜなら映画と地図の方角が逆だからだ。

















このように川の水の流れと映画を合わせる、つまり180度南北を逆にすると見えてくるものがあるのだ↓↓
















★この岩群↓が一致した!! なんと↓のように、ものすごい数の類似点。
花崗岩(もしくは濃尾流紋岩)は硬いゆえに何十年経ってもほぼ形は変わらないのが幸いした。







やはりこの撮影はトリックではなく恵那狭エリアの中で撮影されたのだ!!




あ、ちなみに
あの恵那狭あたりは

一般的にはこの中部では有名な『濃飛流紋岩』が多く分布してるが
花崗岩もけっこう恵那にはある。

どちらも同じ酸性火成岩だ。
元は白亜紀後期あたりの大噴火によるねばっこいマグマからできている。

花崗岩はそれが地下深部でゆっくり冷えて固まってできるのに対し,
流紋岩はそれが地表付近で急に冷えて固まるなど,
主に火山活動でできるという違いがある。

まあ最低でも2000万年くらいかけて出来たのかな。

花崗岩もだが、
この濃飛流紋岩はきめが細かく,堅く,水がしみ込みにくく,
侵食作用に耐えることができる。

だから映画撮影から30年チョイ経つのにびくともせずに
同じ形を保てているのだ。

なので、あの船が進んでいく岩場は花崗岩かもしれないが、
おそらくこの地方で多く分布される濃飛流紋岩の方だと思われる。



濃尾流紋岩の露頭

岐阜県中津川市落合 湯舟沢川









これでようやくこのシーンの絵を描くことができる。